MENU

福岡県久留米市 江口ピアノ・エレクトーン教室音楽療法室
小さいお子様から大人の方まで希望を叶える
そして楽しく力のつくレッスン

 
音楽を楽しんで「わくわく」…
楽器からどんな音が出るか「どっきん」…
 
みんなで「わくわくどっきん」  
楽しくレッスンをしています(^^)
 
教室の理念
音楽は健常者・障がい者・また国籍を問わずにみんなが楽しめるものです。
 
また、音楽は「脳と心」に密接な関係があります。
 
この二つを基本に考えて楽しみながら力をつける、音楽レッスンを行っています。
 
基礎からのレッスンはもちろん(読譜・理論など)耳で聞いた曲が弾けるようになったり、好きな曲が楽譜を見てすぐ弾けるように取り組んでいます。
 
様々な楽器も楽しみ創造性やリズム感もはぐくんでいます。
 
音楽療法として、
  • 発達に遅れのあるお子様の成長を促す
  • 高齢者の認知症進行防止
  • 学校に行けない方々の音楽療法
も行っています。
 
また専門的に音楽講師・保育士になりたい方々のレッスンと幅広く行っています。
 
 
福岡・久留米の地で活動を始めてから早や四半世紀。皆さんからは、「なな先生」の愛称で親しまれております。
みんなのコンサート〜わくわくどっきん
2年に一度、「みんなのコンサート〜わくわくどっきん」と題して、発表会を行っております。
 
レッスンの理念
音楽ってなんだろ?
 
ピアノは耳の聞こえない子は楽しめない?グループレッスンについていけない生徒さんは、見捨てる?また、グループで飛び抜けて出来る子はどうやって伸ばす?
 
発達の遅れている生徒さんにどう接したら音楽を楽しんでもらえる??
 
と教え始めて15年経ったころ悩みました。
 
そして、その頃、私自身メンタル的にまいっていた時期でした。
 
 
そこで出会ったのが「音楽療法」でした。
 
レッスンしながら、学生に戻り、発達学・発達心理学・心理学・集団力動・障害学・音楽と脳・福祉学・ギターなど様々学び、日本音楽療法学会の音楽療法士の資格を取得しました。。
 
そして、「音楽療法」を始めました。
 
「不登校」の生徒さんにも出会って音楽を楽しむことが出来ました。
 
すると今度は「勉強ついていけない」と言う言葉がきっかけでした。薬科大学まで進んで勉強した数学・理科・英語を勉強しなおして、個別指導も始めることになりました。
 
 
音楽仲間には「何でも屋?」とからかわれたりもしましたが、生徒さんにとっては、「誰にも話せない」大事な事、レッスンでの何気ないコミュニケーションから、またピアノから出す音の響きから、またレッスン態度の微妙な変化から、生徒さんの今の心を察知してレッスンを行っています。
 
健常な生徒さんも、発達・身体・心に問題のある生徒さんも、なな先生にとっては、なにも変わりない同じ大切な生徒さんです。健常と言われる生徒さんは、隠れている、まだ眠っている才能・音楽の楽しみを引き出して伸ばす。後者の生徒さんには、発達の遅れでつまずいているところの発達を促すサポート、そしてストレスをためた時になかなか言語で伝えられない。そしたら音楽で発散する。
 
つまりそれぞれにあった音楽の楽しみにプラスがあってもいいのではないでしょうか。音楽は国・人種・病気・年齢など関係なく楽しむことができるものです。
当教室のマスコット こん&ここ
生徒さんの間でも大人気、当教室のマスコット「こん」と「ここ」です。
 
アニマルセラピーのお手伝いもしています。